しい働き方
自分らしい働き方
キャリア制社員

キャリア制社員とは、5年間タマノイ酢で社会人経験を積みながら自分の将来に向かって進んでいただく制度です。
一流の社会人としての経験を積む+自分の時間をしっかり確保できるため、将来に夢や目標を持った方が多く活躍しています。

キャリア制社員
だから出来ること

プロとしての実力を
身に付ける
人材育成に力を入れるタマノイ酢。実践的に働き、最終的にはチームをまとめるリーダーとしての経験を積むことで、卒業後も活躍できる人材に。
海外研修制度
5年間の中で必ず参加できる海外研修制度。現地の文化やビジネスを直接体験します。
残業のない
ワークスタイル
休日出勤・残業は一切無し。将来の目標達成に向け、自分の時間を有効活用できます。

先輩社員

松本拓矢

松本拓矢(大阪支店 マーケティング/理工学部卒 2018年入社)

現在の仕事内容を教えて下さい。
大阪を中心として取引先の新規開拓を行なっています。今まで誰も行ったことのない初めてのところに行くのは勇気のいることですが、そこから注文がもらえるようになるととてもやりがいを感じます。
キャリア制社員を選んだ理由は?
私は将来教師になりたいと思っています。大学でも数学科で教職免許を取れるコースに在籍していました。ただ、自分のキャリアとして社会人を経験してみたいという気持ちがとても大きかったです。実際に自分が経験したことを子ども達に伝えて、生徒からも先生からも頼られる人になりたいと思っていました。自分の考えていたこととタマノイ酢のキャリア制社員という働き方がピッタリだと思って入社しました。
杉本磨希

杉本磨希(製造部 本社工場 生産課/芸術学部卒 2017年入社)

現在の仕事内容を教えて下さい。
工場で製品の製造に携わっています。液体製品の充填の工程を任せてもらっています。製品が唯一外部の空気と触れる部分ということもあり、毎日緊張の日々です。最近では、上司から頼まれて工場の衛生管理について、全工場メンバーの前でプレゼンさせてもらいました。いかに工場の衛生管理が大事かは私の担当しているエリアが一番分かるんです。大変でしたがたくさんの質問をいただき、私自身とても勉強になりました。
キャリア制社員の魅力は?
私は学生時代にずっと芸術に関する勉強をしていたので、将来的には何か作品を作りたいと思っています。2年目になってやっと仕事に慣れてきました。最近は仕事終わりの時間で何かできないかなと考え始めています。私だけでなく、周りには同じように夢に向かって頑張っている同期がいるのでそれが私の力になっています。
松本拓矢

畑中崇臣(広島営業所/マネジメント学部卒 2015年入社)

タマノイ酢に入社して良かったことは
私には具体的な将来の夢や目標はありませんでした。漠然とかっこいい社会人になりたいというイメージしかなかったです。なので、就職活動もなかなか本気になれませんでした。そこで出会ったのがキャリア制社員。とにかくなんでも挑戦できる環境に魅力を感じました。入社4年目でそろそろ今後の事も考えなければいけない時期ですが、タマノイ酢に入って「この人カッコいいな、この人みたいになりたい」と、目標となる人に出会うことができました。
海外研修で学んだことは?
先日海外研修でLAに行かせてもらいました。初めての海外だったので正直不安でしたし、海外は海の向こうの遠い話で、自分とは関係のない畑だと思っていました。実際に行ってみて感じたのは海外でも同じように製品が取り扱われているということでした。現地では展示会の手伝いをさせてもらったり、実際のお客様の声を聞かせてもらい、とても大事な経験をさせてもらいました。キャリアとして入社していなかったら経験できなかったことだと思います。