Marketing

西田 有紀 (大阪支店 マーケティング/文学部卒 2018年入社)

酢の世界進出。
和食が世界を変える。

西田 有紀

仕事内容

私は今、家庭用商品の営業を担当しています。具体的にはより多くの消費者に製品を手に取ってもらえるように、スーパーやコンビニなどの得意先に対して企画を提案しています。得意先はいつも「いかに消費者にとって魅力的な売り場づくりができるか」ということで悩んでいます。その課題解決に向けて得意先と一緒になって考えることが私の仕事です。また最近では、海外事業部のサポートも任せてもらうようになりました。

入社の決め手は

若いうちからいろんなことに携われる会社で働きたいと思っていたので特に業界は決めずにいろいろな会社を見ていました。タマノイ酢との出会いは単純で、製品を知っている、家から近い、という理由からでしたが、いざ説明会に行ってみるとプレゼンをしている先輩たちがとても素敵で他社とは違うなと感じました。また、いろんなことに挑戦できるフィールドがあるというのも私にとってすごく魅力的に感じました。

1年目として取り組んだエピソード

つい先日、年に一度の大きなイベントに出店しました。会社の代表として1年目の私たちがリーダーを任され、準備から当日運営まで取りしきりました。先輩から言われた売上目標が高く、準備等で使えるコストは予想以上に低かったです。その中で、私たちは製品をたくさん使ってもらえるような新しい使い方を提案しようと決めました。もちろん、その試作代も全てコスト内に抑えなければならない。企画、準備、運営、全てをすることは想像以上に大変でしたが、見事売り上げ目標を達成したときにはやれることはやり切れたと、嬉しくて涙がこみ上げてきました。

営業の醍醐味は

タマノイ酢の製品は、実は大手回転寿司チェーン店でも取り扱っていただいています。学生時代はまさか自分が食べていたお寿司にタマノイ酢のお酢が使われているなんて全く知りませんでした。
また、海外事業部の仕事をお手伝いするようになって、すしのこが40か国以上に輸出されていることを知り、とても驚きました。和食の市場は今、海外では非常にホットな市場でお寿司の人気は世界各地で急上昇中です。そこで先輩から任されたのが海外のスーパーに置く「すしのこの使い方」のポップを作って送ること。先輩が出張先で自分の作ったポップが並ぶ売り場の様子を写真で撮ってきてくれたのを見てとても嬉しかったです。その他にも貿易会社の商談に同行させてもらいました。相手はアメリカ人。始めは日本語での商談だったのに気付いたら英語での商談になっていて正直ついていけなかったです。でも実際に英語でやり取りをしている先輩の姿をみてすごくかっこいいなと思いました。私も早く一人前の営業として海外の得意先とやりとりできるようになりたいと思いました。
やはり営業の醍醐味は、自社製品が多くのお客様の元に届き、豊かな食生活を送っていただくサポートができるところだと思います。

仕事紹介一覧を見る