Technology

中央研究所

川久保 亮

2018年入社

question 01 仕事内容を教えてください。

研究所で製品の開発業務をしています。最近は主に業務用製品を担当していて、取引先に合わせたすし酢の調合を行なっています。同じすし酢であっても取引先によって求められるものが違い、それが難しく面白いところです。
営業と打ち合わせをしながら、お客様が求めているものに出来るだけ近づけるよう何度も繰り返し試作を行います。幾つも試作した中で、先方に気に入っていただいた物が作れたときは、頑張って良かったと思います。

question 02 仕事で大変だったことはなんですか?

限られた期間の中で製品を開発する事です。本当に何度も試作して、苦労したとしてもその中にお客様が気に入ったものが無ければ、また初めからやり直しです。味を言葉にするのは本当に難しく、一言に「甘い」といっても「ふんわりした甘さ」や「鋭い甘さ」などいろんな甘さがあります。その聞いた言葉を製品開発では実際に作らなければなりません。そして期限もあるので、時間をどう効率よく使っていくかを常に考えています。

question 03 大学時代は何をしていましたか?

動物の筋肉についての研究をしていました。筋肉は大きく3種類に分けられます。その中でこの動物はこの筋肉の種類に分けられて、と動物を筋肉で種類分けをしていました。筋肉で動物を分けると瞬発系の動物や、持久力系の動物などと分けることができます。しかし、同じ動物であっても体の部分によって筋肉がまったく違うのでそれが面白いところです。

question 04 休みの日は何をしていますか?

釣りが趣味なので、用事のない休みの日はいつも釣りをしています。夜中の2時半に家を出て、5時から海で釣りを始めます。なかなか釣れない事も多いですが、釣れたときが嬉しくて。
学生時代、留学先でも釣りをしていて、バンクーバーで大きなサーモンを釣り上げたときは本当に嬉しかったです。

question 05 今後の目標は?

入社してからずっと製品開発をしているので、そろそろ次のチャレンジもしてみたいです。特に、実際にお客様の生の声が聞ける営業に興味があります。自分が開発した製品が実際、どんな反応をされているのか気になります。また、製品と向き合う開発業務でこれまで学んだことは、幅広い部署で活かせると思うので、他にも色々な部署を経験したいです。

~学生へのメッセージ~

自己分析がとっても大切。
自分はどんな会社でどんなことをしたいのか。
時間に余裕があるうちにしっかり考えてみて下さい。

NEXT STAGE

中央研究所 
品質管理 課長

土田 雅士

2008年入社

研究所で品質管理をしています。業務内容としては衛生をチェックしたり、お酢の生産工程の管理をする大切な仕事です。
これまでの経験としては、「FSSC22000」という国際基準の衛生管理の規格を取得するプロジェクトを担当しました。以前も別の衛生管理基準を取得していましたが、それは工場内衛生が保てれば取得できる基準でした。
しかし、この「FSSC22000」は原料を仕入れるところから始まり、工場の生産、その後の運搬についてまで全体を衛生的に管理しなければならない高度な規格です。そのためこのプロジェクトには工場内の協力だけでなく、仕入れを担当している部署から運搬を担当する部署まで、多くの部署の協力が必要でした。関わる人が増えた分、1つの会議を日程調整するだけでも一苦労。
しかしその分この規格が取得できた時は、これに関わった人みんなで喜びを分かち合うことができました。
このように仕事をすると多くの人と関わりが生まれてきます。その中で相手のことをどれだけ思いやれるか、相手の立場に立って物事を考えられるかが社会人としてとても大切だと思います。

仕事紹介一覧を見る