このページの先頭です
ここから本文です

スポーツ協賛

健康な心身のために

お酢が持つ可能性は無限大

お酢は身体に良いことが、昔から知られています。
ヒポクラテスの時代から、「生活の知恵」として使われてきたお酢の力を、若い人にも伝えたい。タマノイ酢は考えました。
そして始まったスポーツ協賛には、若い人にも健康に興味を持ってもらいたいという想いが込められています。
小さな子供が、心身ともにたくましく成長できるように、タマノイ酢はこれからも応援を続けていきます。

  • コベルコスティ-ラーズ

    コベルコスティ-ラーズ

    1928年、株式会社神戸製鋼所のラグビーチームとして発足。1988年から1994年まで、日本選手権でV7達成。1997年より、平尾誠二氏がゼネラルマネージャーとなり、大畑大介氏など日本代表級の有力選手を多数輩出している。

  • 日本ドッジボール協会

    日本ドッジボール協会

    1991年、日本ドッジボール協会発足。試合は12名対12名で行われ、子どもから大人まで年齢性別に関係なく、誰もが生涯を通じて参加出来る。生涯スポーツとして日本国民の健康増進を図るとともに、世界の国々との文化交流の掛け橋となることを目指す。

  • 富士山マラソン(旧河口湖マラソン)

    富士山マラソン(旧河口湖マラソン)

    1976年より開催されている河口湖日刊スポーツマラソン。1年を通じて多くの観光客が訪れる河口湖を舞台に、毎年多くのランナーが参加している。コースを進むに連れ美しい景色が広がり、日本の秋を堪能出来る大会として外国人ランナーも多い。

タマノイ酢の取り組み

  • タマノイ酢の取り組み
  • 研究開発
  • スポーツ協賛

ページトップ